御成門の貸事務所の相場を紹介します

御成門といえば、徳川将軍家専用の参詣門が設置されていた場所です。JR浜松町駅と新橋駅の間に位置するこの駅の駅名標には「東京タワー前」と表記されている通り、東京タワーまで800m強の立地にあり、目の前には東京プリンスホテルや増上寺が隣接する好立地のため、1日の乗降者数が4万人超を誇っています。スカイツリーに人気が集まっていますが、東京ツリーの人気も衰えておらず、来場者の3割を外国人が占めるようになっています。実は羽田空港をつなぐモノレールの終着駅が浜松町駅であることから、外国人に向けた東京の玄関口として、また東京観光の起点として発展を遂げる可能性がある街として注目を集めています。このような都会だと、貸事務所の家賃も相当高いとお考えの方も多いと思います。こちらでは、御成門でより良い条件で貸事務所を借りるための情報をご案内します。

外国人向けのサービスを展開する拠点として

さて、外国人観光客の観光起点として、発展を遂げる可能性があることはお伝えした通りです。事業内容をお考えの方もいると思いますが、貸事務所を設けて行う外国人向けサービスの可能性について考えてみます。2020年東京オリンピックまでに、外国人向けのサービスを展開する場合、まず思いつくのが観光案内所のサービスです。ツアー会社や通訳サービスでもよいかもしれません。御成門が起点となる観光ツアーを組むのも良いでしょうし、徳川家専用の参詣門が存在していたわけですから、増上寺を起点とする巡礼ツアーも考えられます。いずれにせよ、この地で貸事務所を検討される場合は、観光をメインにされることをお勧めします。観光ルートを検討中の方は、観光ルートの各ポイントとなる自治体に向けた事務所としての利用もお勧めです。

目的によっては決して高くない賃料

観光サービスを展開する事務所であれば、決して広い面積は必要ありません。築年数が40年を超える物件であれば、10平方メートルで家賃約4万円と格安物件が見つかります。観光案内所としてだけでなく、倉庫としてお使いになっても良い賃料です。もう少し広めの部屋やスタッフスペースとして、また外国人観光客の交流の場としてお考えの方には、徒歩5分圏内で20平方メートル8万円代の物件もあります。さらに少し足を伸ばし、徒歩10分圏内であれば、比較的築年数の浅いマンションタイプが10万円代で簡単に見つかります。このように御成門の賃料は決して高くなく、むしろ郊外よりも安いといっても過言ではないでしょう。御成門で貸事務所をお探しの方は、インバウンドの機運が高まるまでの間に、少しでも早く賃貸契約を結ばれることをお勧めします。